パイプとバカでかい飴

メシアたちの人生観

Tさん。

最近よく夢を見るなぁ、昨日夢で高校時代の同級生に会った。その人は肺だかの病気でなかなか学校に行けなくて留年した人、つまりあたしたちより一個年上の人だ。あたしたちが3年の時に同じクラスになった。学年ごとに上履きの色が違くて、その人はあたしたちと違う色の上履きを履いていた。彼は病気で気圧の変化に耐えられないから飛行機に乗れず、修学旅行にも行けなかった。休みがちだったけどだんだんとクラスの目立つ男子たちとも仲良くなって、あだ名とともにみんなから支持された。遠足ということで遊園地に行った時、帰りのバスの中で彼と数人の女子だけでこっそり彼の好きな人の話をしてもらったなぁ。結局一緒に卒業できなくてまた留年したけどそのあとでも出席日数が足りなくて卒業できないまま終わったらしい、でも卒業アルバムには載ったようだ。体は弱かったけどすごい根気のある人だったなぁ。その人と夢の中でばったり会って世間話してすぐ別れたんだけど、元気にしてるかな。元気にしてたらいいなぁ。