読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パイプとバカでかい飴

メシアたちの人生観

不思議な夜。

今日はレッスンして、仲良しのピアノ男子と一駅分先のファミレスでパスタを食べ、飲み物と煙草をのんだ。バイトを紹介してくれた。その後歩、好きな家の形の話をしたり、好きなタイプの話、ラブホの名前はダサいよねという話をしながら歩いて戻った。二人とも行ったことがなくて気になっていた市営図書館に閉館15分前に入った。図書館の匂いがすきだ。そのあと神社に行ってお賽銭とお祈りをした。もうすっかり暗くなっていたけど帰りたくないねということで行ったことのない道を歩き続けた。都会とは違う住宅街の夜景がすごく綺麗だった。そのあとお寺に行こうとしたけど彼が人影が見えると言いだして二人で逃げた。そのあとコンビニでカフェラテを買ってふたり寮へと帰った。ささくれ立った気持ちはまた彼によってやわらかくなった。仲良しのお友達とは違う安らぎがあるのはなんでなんだろうか。多分、根本的な性格がすごく似てるからじゃないかなと思う。いつもいつもありがとう。